配信の注意点 | 出会いのためにライブチャットでチャットレディとお話

配信の注意点

ライブチャットで映像を配信する注意点として、自分の身元が特定されるものが入らないようにしなければならない。
免許証や保険証など、本名や住所があるものは身元特定が容易になるため机などには置かないのが常識である。

また、顔を映したくない女性は首から下だけが映るようにカメラを調整することも可能である。
顔を映すかどうかは女性が決めるため、男性側は配信する映像を事前に確かめて顔出しかどうかを見ることも多い。

動画の画質はある程度高いほうが顧客も増えるが、高画質、高解像度の映像を配信するのにも限界がある。
映像によっては処理落ちなどが頻繁に起きるなど不具合も発生するため、ライブチャットサイトに合わせたWebカメラを用意する必要がある。

相互配信とは、男女がお互いに映像を配信するチャットである。
普通ライブチャットは顧客は映像を配信せず、音声やキーボードチャットのみである。
相互配信ではお互いに顔、もしくは体を見ることができるため、擬似性行為もやりやすいというメリットがある。

また、ノンアダルトの場合でも純粋にコミュニケーションの潤滑として映像を配信する顧客も存在する。
グループチャットの場合は、相互配信は難しい。

ツーショットやライブチャットで人気のある女性とは、聞き上手だと言われている。
男性から話を引き出すのがうまく、聞くことも上手という受身である女性は人気が出やすい傾向にある。
また、言葉遣いもやわらかい女性が好まれる。

女性が好む男性客としては、威圧的ではないことが第一条件に挙げられる。
あまりにも態度が不快な場合は、女性側に存在する「キック機能」と呼ばれる追い出し装置でチャットルームを強制退出させられることもある。
そのため、顧客もチャットレディやツーショットで働くコールレディに気を配ることが必要である。

基本的にライブチャットはかけもちは可能ではあるが、同時配信は禁止されている。
たしかに同時に複数のサイトで映像を配信することは利益を生みやすいが、対応がおろそかになったり通信処理が重くなるなど不具合も多い。
また、回線より先にパソコン自体がパンクすることもある。

ライブチャットサイトでこうした違反行為を行った場合は、ペナルティによる罰金が発生することもある。
最もひどい場合は退会処分となり、登録することができなくなる。


ツーショット、ライブチャットにはフェチズム以外にもジャンルが存在する。
たとえば人妻ジャンルと呼ばれるものは、26歳以上のチャットレディを揃えており若々しさより母性を感じさせる女性が多い。
ほかにも海外女性がメインのサイトなどもあり、それぞれの嗜好に合わせたものとなっている。

そして、基本的なジャンルにアダルトとノンアダルトがある。
これらは完全に別離している場合と、ミックスと呼ばれ混合している場合もある。

このエントリーをはてなブックマークに追加